Home

白鯨 映画 1956

そこにフィリップ・ステイントンの、まさに1800年代を彩る名スコアを加え 1956年「白鯨」は映画化最高傑作の名を欲しい侭にする。. 皮と肉の間にサスベリという刃物を当て、船上のろくろで鯨を回転させ、果物の皮をむくように鯨の皮を剥ぐ 4. 映画『白鯨』 名作シリーズ。 監督:ジョン・ヒューストン主演:グレゴリー・ペック リチャード・ベースハート レオ・ゲン. あらすじ 1814年、捕鯨業の中心地ニュー・ベドフォードに来たイシュールは、捕鯨館ピーター・コフィーンに泊まり、クイークェグと友人になる。翌日、イシュールは周囲の反対を押し切って、老朽捕鯨船ピークォド号の乗組員に。船長のエイハブは”モビィ・ディック”と呼ばれる巨大な白鯨.

1850年、作家ハーマン・メルヴィルは、トーマスという男を訪ねました。 トーマスは、捕鯨船エセックス号の乗組員として巨大な白鯨と闘い、生き残っているただひとりの男でした。 ハーマンは、彼らの航海記を新しい作品にしたいと思い、全財産を持ってトーマスに話を聞きにきたのです。 渋りながらもトーマスは、当時の事を話し始めました。 1819年、捕鯨船エセックス号は、出向の準備に追われていました。 そこにベテラン一等航海士チェイスも呼ばれます。 今までも捕鯨に貢献してきたチェイスは、今回は自分が船長になれると思っていました。 しかし選ばれたのは未経験者のポラード。 彼は、島の名家の生まれであり、父親は、船の出資者でもあります。 ポラードは”家柄”だけで選ばれた船長だったのです。 不満を抱えつつも生活のために船に乗ることを決めたチェイス。 船には14歳で孤児のトーマスも一緒に乗り組むことになりました。 太平洋を目指して出港したエセックス号でしたが、船長の経験不足による判断ミスなどからトラブルが続出します。 やがて、鯨の群れと遭遇したエセックス号。 乗組員たちは、このチャンスを逃すまいとボートを漕いで捕獲に向かいます。 しかし、その中のリーダー格である巨大な白いマッコウクジラによって船は大破させられてしまいます。 今まで取った鯨油も海に流され、命からがら3艘のボートに分乗した乗組員たちは、わずかな水と食料のみで漂流生活を送ることに。 その漂流生活により、彼らは更なる試練と向き合わうこととなるのでした。. <ここから先はネタバレするから映画を観てから読んでね> 3艘のボートに乗り込んだ船員たちは、長い間漂流し無人島に流れ着く。 そしてその島でボートを修理し、乏しい食料や水を積み込み、大海原に再度立ち向かう。チェイス達は無人島の洞窟で、干からびた死体を何体も見た、この島に居ても死体と同じ運命をたどることが予想できたからだ。 でも疲れ切った二等航海士のジョイは他の仲間二人とこの島に残る決心をする。 大海原で、巨大クジラと遭遇する、チェイスをモリを持って構えるが体が動かない。巨大クジラは嘲り笑うようにチェイスをちらりと見て、ゆうゆうと二隻のボートの間を泳いでゆく。 もはや彼らは巨大クジラの敵ではないと思われたようだ。 3隻のボートは長い間大海原をさまよう、何日たっても陸は見えない、そのうち水も食料も底をつく・・・・・餓死寸前だ。 船の中で一人の船員が亡くなる。ボートの外に死体を捨てようとしたところ、チェイスが止める。亡骸は神からの授かりものだと彼は死んだ船員の体を解体し食料とする。 漂流が90日目を迎えてやっと、ある港に漂着する。生き残ったのは、船長とチェイス、トマス他数人であった。 しばらくたって彼らはナンタケット島に戻ってきたが、彼らがどのよう方法で生還したのかボートの中で何があったのか、誰も聞かないし、彼らも口を閉ざしたままだった。 チェイスは捕鯨船に乗るのを辞め、商船の船長になった。船長のポラードは捕鯨船に乗るのを続けたが運悪く船が座礁してしまったようだ。トマスは船乗りを辞め、家内と宿屋を営んでいる。 トマスは最後にメルヴィルに「土の中から石油が出たのは本当か」と尋ねる。 噂は真実らしい、もうクジラを殺すこともなくなるだろう・・・・・・。. Moby Dick (1956) 白鯨 メルヴィルの同名小説の、「海の野獣」(25)、「海の巨人」(30)に続く3度目の映画化。. 船底での昼食時、物知りの船員は「白鯨の名はモービー・ディック。その姿は白く巨大で海に浮かぶ大理石の墓石のようだ。空には白い鳥が群がり、世界中で同日時刻別々の海に現われる。アゴが曲がり背中に無数の槍が刺さってる。大勢の鯨捕りが挑んで復讐された、不死の鯨だ」と語ります。 そこに「鯨発見!」の号令がかかり、皆一斉に甲板に駆け出します。 船は帆を畳んで停留し、スターバック、スタッブ、フラスクの3チームが、木製の手漕ぎボートで鯨に近づき、クィークェグら銛打ちが一斉に銛を投げつけます。 銛には頑丈なロープがついていて、ボートは暫し振り回されますが、やがてスターバックの銛が命中、鯨は血の潮を吹いて絶命します。その獲物は本船で解体され、巨大な鍋で煮られ、85樽もの鯨油となり、残った骨は海に捨てられます。 その夜、船員らは大いに盛り上がりますが、スターバックは1人船長室に行き、海図を広げたままうなされていたエイハブ船長に「少しお休みになられては?」と声を掛けます。エイハブ船長はすぐに姿勢を正し「寝るなんて死ぬも同然だ」「太平洋に向かえ」と命じます。 彼が作成していたのは、捕鯨船の航海日誌から割り出した、4大洋の鯨の種類別の動きを網羅した海図でした。 スターバックは感服し「これなら獲り放題だ!」と呟きますが、「あの大仕事が終わればな」と受け流されます。彼が指示したのは、白鯨の予想進路で、4月の新月の頃、ビキニ島沖に現われたところを迎え撃つというのです。 エイハブ船長は、無言で立ち去ろうとするスターバックに「モービー・ディックには興味が無いか?」と問います。 彼は「仕事のためなら何でもしますが、個人の復讐が油を生み金を稼ぎますか?」と言い返し「何も知らぬ動物に怒るのは神を恐れぬ行為ですぞ」と往なします。 エイハブ船長は彼を睨みつけ「全ては仮面に過ぎん、白鯨はわしを非難し憎んでおる。だがそれもまた仮面、わしはその仮面の裏にあるものが憎い。有史以来人間を蝕み脅してきた邪悪なモノだ。わしを生かしも殺しもせず心も肺も半分にしたのだ. この映画は特徴的な映像の作り. エイハブがそう叫んだ瞬間、白鯨は彼らの左前方にその巨大な頭を現し、彼らの目の前を横切ろうとします。「今だ!」エイハブの号令で、幾本もの銛が白鯨の体に突き刺さります。 全てのボートはその巨大な体躯に引きずられ振り回されますが、ジャンプした瞬間、一艘のボートが転覆します。海面はその水飛沫で白く曇り視界が奪われますが、それでもエイハブはひるむな!と怒鳴り、2番銛を打ち込もうとします。その時、白鯨が正面に現れ船長のボートに噛みつき破壊します。 乗組員は皆、白鯨の巨体が立てる大波にのまれますが、エイハブだけはその巨体に絡みついたロープにしがみつき、格闘しているかのように、背びれによじ登り、手にしたヤリで何度もその体を突き刺していました。 「わしのヤリを受けてみろ!怨みを込めて、わしの最後の息を吹きかけてやる!ちきしょう!地獄に落ちろ!」.

. See full list on cinemercato. 映画『白鯨との闘い』の関連作品としては、次のような映画も無料で視聴できます。 クリム・ヘ. 白鯨”モビー・ディック”に足を食いちぎられ心に傷を負った狂気の船長エイハブの復讐劇を描く、製作、監督、脚本 ジョン・ヒューストン 、主演 グレゴリー・ペック 白鯨 映画 1956 、 リチャード・ベースハート 、 レオ・ゲン 、 オーソン・ウェルズ 他共演の壮大な海洋スペクタクル大作。. 巨大な伝説の鯨を仕留める事がメインの映画と思っていたら、全然違いました。 物語の半ばで船が大破し、リベンジして白鯨を捕まえるのか?ではなく、後半はシリアスなサバイバルストーリーです。 ”闘い”とは単に鯨との闘いだけではなかったのだと、見終わった後に感じます。 トーマスが話したがらなかったわけだと納得。 ずっとひとりで罪の意識を背負って生きてきたのでしょう。 ようやく真実を話すことが出来てホッとしているのではないかなと思いました。 そして、その衝撃な話を聞いても軽蔑することなくトーマスを受け入れる妻も立派! 究極のサバイバルストーリー【白鯨との闘い】は、色々なことを深く考えさせられる映画でした。. 油こしで、不純物を除いて、油を手に入れる 白鯨 映画 1956 10mちょっとの鯨1頭で、150樽もの油を採ることができました。 マッコウクジラの脳天には油が大量につまっており、この油をひしゃくで汲み取っておくと、自然に固まって良質のロウが採れました。 鯨の好都合な点は、鯨油を採った残りかすを、油を煮るための薪として代用できたことです。 無駄な薪を船に積む必要がなく、効率よく油が採れました。 鯨油は9世紀頃からノルウェーで始まって11世紀頃にはスペインで本格化した。 17世紀半ばには大西洋の鯨は取り尽くされ、まもなく主要な捕鯨ポイントは太平洋に移っていきます。 『白鯨』には、 《もしあの二重にかんぬきをかけた国、日本が外国に門戸を開くことがあるとすれば、その功績は捕鯨船にのみ帰せられるべきだろう。事実、日本の開国は目前に迫っている》 と書かれています。『白鯨』が出版されたのが1851年、そしてペリー艦隊が最初に日本にやってくるのがその2年後です。 白鯨には当時の捕鯨に関する考え方や知識が全て詰まっている。.

See full list on hm-hm. 1841年末の土曜日、捕鯨の町ニューベッドフォードには激しい嵐が吹き荒れていました。 イシュメールは、はるばる野山を越え、鯨捕りが集まる酒場兼宿屋”潮吹き亭”へとやってきます。気のいい主人は「銛打ちと相部屋だが泊まるか?」と聞き、地元の鯨捕りクレッグに声を掛けます。彼は、鯨の巨大さ、恐ろしさを誰より知っていて「神様が魚になるとしたら、絶対に鯨になるだろうよ」と豪語し、よそ者のイシュメールをにぎやかな歌とダンスで歓迎します。 しかし彼は、その雨の中を傘も差さずに、コツコツと音を立てて通り過ぎるシルクハットの男を見て「エイハブ船長だ」と眉を顰めます。 また主人が「相部屋の銛打ちは陰気な男で、今”首”を売りに行ってる。しかし数があり過ぎてすぐには売れんだろうよ」というのも気になります。 夜遅く戻った銛打ちは、見上げるほど背が高く、顔と上半身に奇妙な刺青がある男で、年季の入った頑丈な銛を片付け、干し首を暖炉に並べトマホーク型のパイプで一服しながらベッドに入ってきて、隠れていたイシュメールに気づくなり、殺す!と脅します。 彼は慌てて主人を呼び「人喰い人種と寝るなんて!」と文句をいいますが、「”首”を売りに来たと言ったろ?」と往なされ、結局ひとつベッドで寝ることに。男の名はクィークェグ。無口ですが物分りも良く紳士的でした。 翌日、イシュメールは日曜礼拝に行き、マップル神父が船の舳先型の講壇で語る、ドラマチックな聖書のヨナの説教を聞き、宿屋では、英語が読めず、ページを数えていたクィークェグに本を読んでやって友だちになり、一緒の捕鯨船に乗ろうと約束します。 彼は片言の英語で「父親は部族の大首長で叔父は高僧、西南の遠い島から来て世界中を回ってる」と話します。 2人は、港に行き、たくさんの鯨の骨が部品に使われていたピークォッド号に目を付け、乗り込みます。 船主の一人は「捕鯨経験は無いが捕鯨が見たい」と息巻くイシュメールに「エイハブ船長を見たか?」「捕鯨が知りたきゃ彼を見ろ。彼は島ほどもある鯨に身を引き裂かれ、鯨の骨で義足を作った。教会の説教を聞くより人生が分かる」と前置きし、取り分は利益の777分の1だと言い張るリーダーの船主に、300分の1が妥当だと交渉し契約を取りつけます。 また、クィークェグはクリスチャンではないため拒否されますが、彼が舌打ちして銛を投げ、見事に樽のマークを. しかし次の瞬間、エイハブ船長は何かに気づき、五感を研ぎ澄まします。船員たちも「島の、陸地の臭いだ」とざわめき、手を止めます。 イシュメールは、出港直前に”予言者”イライジャに言われた「海の上で、島もないのに島のにおいがする日、エイハブは死ぬ。だがすぐに甦り、皆を手招きし、1人を残して全員が死ぬ」という言葉を伝えますが、船長が遠くを見つめたその時、鯨発見の見張りの声が響きます。 それはまごうことなきあの白鯨、モービー・ディックでした。 船長はキビキビと号令し準備をさせますが、ピップには船長代理を命じて船に残します。 白鯨は、懸命に追いかける彼らの前を悠々と泳ぎ、その背にはエイハブ船長が打ち込んだ槍がロープが絡んだまま突き刺さっています。その巨体は雪のように白く輝き、神々しくもありました。 エイハブ船長はどこか嬉しげでしたが、スタッブもフラスクもただひたすら職務を遂行せんと必死で、スターバックは何かを畏れているようでした。 白鯨は間もなく潜行し見えなくなりますが、以前と同じく、鳥の群れは彼らから離れません。 エイハブと銛打ちたちは各々に銛を構え、その出現を静かに待ちます。海は異様な空気に満ちていますが、間もなく鳥が騒ぎ始め、地響きのような音が響きます。 「来るぞ!」. 「ビューティフル・マインド」のオスカー監督ロン・ハワードが、「アベンジャーズ」のクリス・ヘムズワース、「007 白鯨 映画 1956 スペクター」のベン・ウィショーらを起用して描くスペクタクル・ドラマ大作「白鯨との闘い」が年1月16日より全国公開。名著「白鯨」の基になった捕鯨船沈没事故の「衝撃の真実」とは?.

『白鯨』は1956年に映画化され、何度も観ています。 監督はジョン・ヒューストンですが、 脚本に若き日のレイ・ブラッドベリが参加しています。 このレイ・ブラッドベリの脚本が良くて。 主人公エイハブ船長の演説、そして、若い主人公(語り部)と. 白鯨の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。風来坊の青年が捕鯨船の乗組員となる。その船長エイハブは顔に深い傷を負い. See full list on trivia-and-know-how-notes. 義足の船長と、彼の足を奪った白く巨大なクジラとの壮絶な戦いを描いた「白鯨」。アメリカ文学史上最高傑作のひとつと称され、長らく愛されてきた名著は実はフィクションではなく、実際に起きた捕鯨船エセックス号沈没事件を基に生み出された「実話」だった。本作「白鯨との闘い」は、後に「白鯨」を著すことになる若き作家ハーマン・メルビル(ベン・ウィショー)が、エセックス号事件の生き残りのひとり(ブレンダン・グリーソン)から事件の聞き取りを行うというスタイルをとり、そのとき海の上で起こった壮絶かつ過酷な現実を、すさまじいスペクタクルと臨場感で描き出す作品なのだ。 1819年、一等航海士オーウェン(クリス・ヘムズワース)と21人の仲間たちは、捕鯨船エセックス号で太平洋を目指すが、経験不足の船長の判断ミスや大嵐に遭遇したことがたたり、多くのトラブルに見舞われてしまう。何日もの不漁が続いた後、運よくクジラの大群を発見するが、そこには群れを守るように悠然と泳ぐ、驚くほど巨大な白いマッコウクジラがいた。“白鯨”を捕獲するべくオーウェンたちは激闘を繰り広げるが、その圧倒的なパワーにあえなく撃沈。陸地から遠く離れた広大な海原に投げ出されてしまう. 現在のナンタケット島は観光地であり、有名なリゾート地となっている。かつては世界有数の捕鯨港であったことは忘れられてしまったのかも知れない。 クジラによって大繁栄を謳歌したこの地も南北戦争までには衰退してゆく。この地でこんな真実のドラマがあったなんて面白いよね・・・・でも記憶はどんどん薄れてゆくのはしょうがない。 ナンタケット島 観光地になっているナンタケット島 日本もかつては捕鯨大国だったね、僕も小さいころはクジラの肉で育ったようなものだ。牛肉や豚肉なんてなかなか食べられなかったね。 アメリカでは脂臭いクジラの肉はあまり食用にされなかったようだが、日本では食用の為に捕獲して来たんだね。今ではクジラは捕るものでは無くて、見るものになったね。 ところで今この時期に何故、このような映画が撮られたのかな・・・・真意が知りたい。アメリカはかつてはクジラを捕りつくした国だけど、そんな反省を込めているのかな。 マッコウクジラ 海にはまだ分らないことが多い、クジラとくにシロナガスクジラは恐竜を含めても史上最大の生き物で全長34mの記録があるようだ、従って全長30mのマッコウクジラが本当にいたのかはちょっと大げさすぎるかも知れないね。 この映画のクリス・ヘムズワースは実に逞しくて適役だね。少し前の天才ハッカー役「ブラックハット」は似合わない、頭脳派よりやはり肉体派の方が合うね。 彼が生還してきて妻に会う場面が感動を呼ぶ、出港するときには身重だった妻の横には2~3才になる娘がいたんだね。彼は自分を生かしてここに連れてきてくれたことを天に感謝する、この場面は淡々と進むが涙が出るね。 また、船長役のベンジャミン・ウォーカーもなかなかいいね、海で鍛えられて最後には一等航海士の気持ちが分かるようになってくる。そして彼も神に選ばれた一人で、無事生還する。 マッコウクジラとダイオウイカの闘い トマスはつらい出来事(人肉を食べて生きぬいたこと)を誰にも話せず酒に溺れていた、でも真実をメルヴィルに告白したことによって救われたんじゃないだろーか。 このテーマは日本でも武田泰淳の小説「ひかりごけ」になっている。日本陸軍の徴用船が真冬の知床で難破し、極限状態におかれた船長が仲間の遺体を食べて生き延びた事件で、日本の刑法が適用された唯一の事件といわれている。 それにしてもロン・ハワードはいい映画作るねー. 映画「白鯨」(1956)のスターバックの最後にとった行動の真意とは?彼はなぜ最後白鯨を追ったのでしょうか?理解力の足りない私には非常に奇異に見えました。そしてエイハブ船長は何を本当に憎み恐れたのでしょうか? 「白鯨」かあ、懐かしいねえ。グレゴリー・ペックの大根芝居に辟易し. 物語自体はとてもシンプルで昔、白鯨に足を持って行かれた、エイハブ船長が愉快な仲間たちと一緒にリベンジして玉砕する話です。 感想文を読むと著者のハーマン・メルヴィルは鯨に関する事を書きまくりストーリーが全く進まない。 お話が進まない、読んだ人が読みにくいと口を揃えて言う作品が白鯨。 具体的に言うと、鯨に関する説明、及び鯨漁に関する説明が話の大半を占めています。 大半ってか感覚的には9割ぐらい占めてます。 つまり9割くらいは鯨を語り、捕鯨を語り、鯨の雄大さと鯨獲りの勇猛さを褒め称えてます。 ここまで来ると「本編と関係ない記述」ていうか、むしろそっちが本編です。 悲劇的なサイドストーリーが付随した「鯨論」もしくは「鯨図鑑」と言った方がしっくりきます。 ちなみに白鯨が出てくるのはラスト50ページからです。 その前の950ページは鯨の話しながら海を漂っているだけです。 ・・・・これは余分な部分をカットしたら300ページくらいに収まりそうな予感がしますね。 読みどころ言えば個性的なキャラクター特にエイハブ船長の狂気にみんなが引っ張られる展開はなかなか面白いと評判。. See full list on happyeiga.

衝撃的な人間ドラマを描きながらも、壮大なスケールによる超大作としてのエンターテインメント性も確立されているのが本作の注目ポイント。ハリウッド最先端のVFXと3D技術によって、アクション映画やパニック超大作と見まがうばかりのスリルあふれるアクション・シーンが表現されているのだ。 本編の序盤では、巨大な帆船であるエセックス号を飲み込むほどの大波がうねる嵐のシーンが登場。雨、風、嵐、そして目の前に折れたマストや帆、タルなどが飛び込んでくるなど、まさに自分も船に乗っているかのような臨場感だ。そして捕鯨シーンも目を見張らせる。小型のボートにチームで乗り込み、海面から透けて見えるクジラの巨体を追いかけ、突き刺したモリに引っ張られて海上を進むさまは、海面すれすれの視点もあって、スピードあふれるライド感が満載だ。さらに海深くグングンと潜っていくクジラ視点のカットも交えられ、多くの角度から立体的に捕鯨を「体感」できる構成となっている。 そして、メイン・イベントである、白鯨とのバトル。30メートルを超える巨体は、エセックス号の全長をはるかに超えるスケール。海面下で悠然と泳ぐ姿を俯瞰(ふかん)で捉えたかと思えば、モリを突き立てようとする猟師の視点からも白鯨を追う。「巨大で恐ろしいものが、こちらを目指して襲ってくる」という圧倒的な臨場感が半端ではない。22人の海の男たちが、自然界の最強生物にいかに戦いを挑むかにも注目だ。. . 1998年 白鯨 映画 1956 『バトルフィールド・アビス.

『白鯨 』(はくげい、原題: Moby Dick 白鯨 映画 1956 )は、ワーナー・ブラザーズ によって1956年に製作された、アメリカ映画。19世紀の作家、ハーマン・メルヴィル の冒険小説『白鯨 』を原作としている。 特集批評 「白鯨」:「白鯨」の色彩設計. See full list on oyasumi-movie. メンヴィル(ベン・ウィショー)の頼みになかなか首を縦に振らないトーマス(ブレンダン・グリーソン)でしたが、彼の妻(ミシェル・フェアリー)がそこに口を挟んできます。 彼の頼みに応えて少しは家計を助けて頂戴、と言い放つ妻(ミシェル・フェアリー)ですが、その実彼女は酒浸りの夫には何か抱え込んでしまっている苦しみがあると気付いているのです。 誰かに吐く事で少しでも楽になって欲しい、その想いからメンヴィル(ベン・ウィショー)の要求の口添えをしたのでした。 海洋冒険物の処女作を書いたメンヴィル(ベン・ウィショー)が次に選んだ題材は、沈没したエセックス号の話です。 その船にわずか14歳と言う最年少で乗り込んでいたのがトーマス(ブレンダン・グリーソン)だったのでした。 辛い過去を話し始めたトーマス(ブレンダン・グリーソン)。 エセックス号の思い出はそのまま、船長・ジョージ・ポラード(ベンジャミン・ウォーカー)と、一等航海士・オーウェン・チェイス(クリス・ヘムワーズ)の思い出です。 捕鯨において腕利きの漁師オーウェン(クリス・ヘムワーズ)は、前回の功績が認められ次回は船長に、という話でしたが、よそ者ということでその話を保留にされ、名家出身のジョージ・ポラード(ベンジャミン・ウォーカー)を船長に据え、彼を支えるように言われてしまいました。 憤慨する彼ですが、もうすぐ産み月を迎える身重の妻を残して海に旅立ちます。 その船に乗っていたのがトーマス(トム・ホランド)だったのです。 下働きの彼ですが、憧れは鯨にヤスを突き立てた者しかもてないという鯨の骨でできたピン。 いつか自分も・・・その思いを胸に、初航海の恐怖を押し殺しながら船に乗り込んだのでした。 エセックス号には、オーウェン(クリス・ヘムズワース)の幼馴染で、幾度となく共に航海を重ねたマシュー・ジョイ(キリアン・マーフィー)も乗り込んでいます。 オーウェン(クリス・ヘムズワース)の腕は確かなものですが、それが面白くないのはジョージ(ベンジャミン・ウォーカー)です。 二人は何かと反発し合い、折り合いが悪い中それでも船は進みます。 ある日、船の指揮を執っているオーウェン(クリス・ヘムズワース)にジョージ(ベンジャミン・ウォカー)は、帆を張るように指示します。 二日遅れの予定を取り戻すためだ、というのです。 しかしここはメキシコ湾。 流. 1850年のある日捕鯨船エセックス号の最後の生存者トマス(ブレンダン・グリーソン)を訪ねて小説家ハーマン・メルヴィル(ベン・ウィッショー)が現れる。 彼は手持ちの全財産をトマスに渡し、捕鯨船エセックス号の遭難に関する真実を聞き出そうとする。最初は嫌がるトマスだったが、メルヴィルの熱意に負け真実を話し始める。(一年後この記録は小説「白鯨」となって世の中に出版される。) 小説家ハーマン・メルヴィル(ベン・ウィッショー) 晩年のトマス(ブレンダン・グリーソン) トマス(トム・ホランド)は14才の時、見習い船員として捕鯨船エセックス号に乗船する。 船はたたき上げで強靭な体力と統率力を持つ一等航海士オーウェン・チェイス(クリス・ヘムズワース)、家柄だけで船長となったジョージ・ポラード・Jr(ベンジャミン・ウォーカー)、二等航海士マシュー・ジョイ(キリアン・マーフィー)、ポラード船長の従弟の航海士ヘンリー・コフィン(フランク・ディレイン)他多くの船員たちで構成されていた。 14才の見習い船員トマス(トム・ホランド) 1819年捕鯨船エセックス号はアメリカの捕鯨基地ナンタケット島を出港する。 一等航海士のチェイスは何かにつけ、経験不足の船長ポラードと意見を異にしぶつかる。嵐が近づいて来た、チェイスは帆を降ろすように指示するが、船旅を急ぐ船長は帆を降ろさせない。 暴風雨の中エセックス号は横殴りの強風と大波にあおられ沈没しそうになるが、チェイスの機転でなんとか切り抜ける。 二等航海士マシュー・ジョイ(キリアン・マーフィー)、船長ジョージ・ポラード・Jr(ベンジャミン・ウォーカー)、一等航海士オーウェン・チェイス(クリス・ヘムズワース) 見張りがマッコウクジラを見つける。捕鯨船から小舟にのり込んだチェイス達は必死にオールをこぎクジラに近づく。そしてチェイスはモリをクジラの胴体に打ち込む、苦しむクジラは深海に急降下する。 しばらくして浮き上がってくるクジラめがけて何本もモリを打ち込む・・・・・・この繰り返しが延々と続く、弱ったクジラは最後に吸気孔から血しぶきを吹上、絶命する。 クジラを急いで捕鯨船の甲板に上げ、解体しないと血の匂いに誘われて集まるおびただしいサメの餌食となる。これは大変な作業だ、クジラから脂身を切り出し、煮込み、油を分離する。 そしてもっとも厄介なのは、マッコウクジ. 白鯨との闘い()の映画情報。評価レビュー 1355件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:クリス・ヘムズワース 他。ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の裏側に迫るナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」を基に描く驚異の.